さつまいもの品種「クイックスイート」と「シルクスイート」の違いを解説します!手軽に電子レンジでも簡単に調理ができる「クイックスイート」、シルクのような滑らかさの舌触りの「シルクスイート」どっちが好き?

しっとり系のさつまいも品種である、「クイックスイート」と「シルクスイート」。名前が似ているうえ、しっとり系という共通点もある2つの品種の違いが気になる人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、クイックスイートとシルクスイートの違いについて解説します。それぞれの特徴を知って、好みに合うお気に入りのさつまいもを見つけてくださいね。

クイックスイートとシルクスイートの違いは?

よく似た名前の「クイックスイート」と「シルクスイート」ですが、それぞれの特徴には大きな違いがあります。クイックスイートは、電子レンジでもおいしく作れるさつまいも。手軽に調理できるので、ちょっと小腹がすいたときや、子どものおやつにも重宝します。一方のシルクスイートは、名前の通り、シルクに似たなめらかな舌触りが魅力。ホクホクとねっとりの良いとこ取りをした、独特の食感が楽しめます。

それぞれの特徴について、くわしく見ていきましょう。

クイックスイートの特徴

名称 クイックスイート
産地 主に静岡県、熊本県
収穫時期 9月〜11月ごろ
糖度 16度前後
食感 ねっとり・しっとり

クイックスイートは、短時間の加熱調理でおいしく食べられるめずらしい品種です。ここでは、クイックスイートの特徴についてご紹介します。

クイックスイートの味と食感

クイックスイートは、農研機構によって「紅あずま」と「九州30号」を交配して作られた品種で、大きな特徴は電子レンジでもおいしく調理できるところです。一般的なさつまいもは、電子レンジで加熱するとやや甘みが落ちる傾向にありますが、クイックスイートは通常のさつまいもよりデンプンが糊化する温度が低め。一般的なさつまいもよりも20℃低い50℃ほどで糊化するため、低温で調理してもしっかり甘さを引き出せます。

短時間で甘さを引き出せるので、思いついたときに食べられるのがうれしいポイント。食感は、ねっとりにみずみずしさをプラスしたようなしっとり系なので、ホクホク系よりも水分の多い口あたりを求める人におすすめです。

クイックスイートの主な産地

主な産地は静岡県と熊本県です。現在では全国で栽培されており、さつまいも名産地として知られる茨城県や鹿児島県でも生産されています。水分量が多く、生芋での流通が難しいとされているクイックスイートは、全国的にも希少な品種。市場にはあまり流通していないので、手に入れたいなら収穫時期をチェックのうえ、通販を利用するのも選択肢のひとつです。

クイックスイートの糖度・カロリー

クイックスイートの糖度は生芋の状態で16度前後、加熱後は38度前後といわれています。ポピュラーなさつまいもと比べても十分に甘みがありながら、冷めても甘さが変化しにくいのも魅力です。クイックスイートのカロリーは公表されていませんが、糖度が近い安納芋のカロリーが100gあたり約140kcalのため、同じくらいだと推測されます。

クイックスイートの収穫時期

一般的なさつまいもと同様に、クイックスイートも8月下旬〜11月ごろに収穫時期を迎えます。収穫してから貯蔵して甘さを引き出した後出荷されるため、10〜11月からが旬の時期です。収穫後には熟成が不可欠な品種もありますが、クイックスイートは収穫後すぐでも十分おいしく食べられるとされています。出荷量が少なめなので、秋口に入ったら販売サイトをリサーチしてみるのも良いでしょう。

シルクスイートの特徴

名称 シルクスイート
産地 千葉・茨城県など
収穫時期 11月〜2月ごろ
糖度 約8.8度
食感 しっとりなめらか

シルクスイートは、ほど良い甘さと口どけのよさが魅力のさつまいもです。ここでは、シルクスイートの特徴についてチェックしてみましょう。

シルクスイートの味と食感

シルクスイートは、甘さがちょうど良い「春こがね」と、しっとりした舌ざわりの「紅まさり」を交配して作られた品種で、正式名称は「HE306」といいます。通常のさつまいもよりも甘みが強く、何よりも特徴的なのが、しっとりとした食感のなめらかさ。水分が多く、焼き芋にするとシルクのような口あたりを楽しめます。スプーンですくって食べられるほどスムースな舌ざわりで、まるで高級スイーツを味わっているような特別感が魅力。上品な甘さとなめらかさを求める人にうってつけです。

シルクスイートの主な産地

シルクスイートの主な産地として知られているのが、千葉・茨城・福島県です。近年ではさつまいもの本場、鹿児島でも生産量が増えていますが、安納芋や紅はるかなどと比べるとまだまだ栽培面積は狭く、流通量は少なめです。

シルクスイートの糖度・カロリー

一般的なさつまいもの糖度が6.9度ほどなのに対し、シルクスイートの糖度は約8.8度です。数字だけを見ると普通のさつまいもと変わらないように感じますが、実際に食べると甘さを十分に感じられますよ。カロリーは約160kcalで、甘さはありながらもヘルシーなおやつを求める人にぴったりです。なめらか食感でスイーツのように味わえるので、ダイエット中に甘いものが食べたくなった時にも重宝します。

シルクスイートの収穫時期

地域によっても差がありますが、8月下旬〜10月ごろに収穫時期を迎えます。収穫してすぐは粉質でホクホクした食感、収穫後に熟成させることで粘質に変化して甘さが増すのが特徴です。熟成後に出荷されるものが多いため、市場に出回るのは11〜2月ごろ。しっかりと熟成したものは、水分を含んでしっとり食感を堪能できます。熟成期間によって食感の違いを満喫できるのも、シルクスイートの特徴のひとつ。農家によっては、ホクホク食感とほどよい甘さを楽しめる収穫後すぐに販売しているところもあるため、気になる人はチェックしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

クイックスイートとシルクスイートは、語感が似ていながらもその特徴には大きな違いがあります。クイックスイートは、電子レンジでも手軽においしく調理できるのがメリット。シルクスイートは、上品な甘さと独特のスムースな食感をスイーツ感覚で楽しめます。どちらもそれぞれに魅力があるので、迷ったときは食べ比べてみるのもおすすめ。おいしい季節のさつまいもを、存分に味わってくださいね。