ねっとり焼き芋を作ろう!自宅で魚焼きグリル、オーブン、炊飯器、蒸し器を使って時短で焼き芋を作ってみた!

焼き芋が大好きなあなた、家で時短で簡単にねっとり甘い焼き芋を作る方法を知りたくありませんか?さつまいもを選ぶとき、品種によって味わいや食感が大きく変わります。その選ぶさつまいもの品種や選ぶときのコツ、大切です。選んださつまいもを家庭でどうやって美味しい焼き芋を作るのでしょうか?低温でじっくり時間をかけると、さつまいもの甘みが最大限に引き出され、驚くほどねっとりした焼き芋が完成します。オーブン、魚焼きグリル、蒸し器、炊飯器の4つの方法をご紹介しますが、特に魚焼きグリルは短時間で仕上がるので忙しい日にもピッタリ。この記事を最後まで読めば、どの調理法が自分に合っているかがわかり、自宅で手軽にねっとり焼き芋を楽しめます。さつまいものねっとり感と甘みを存分に味わい、焼き芋の魅力にハマってみてくださいね。

焼き芋に適したさつまいもの選び方

ねっとり焼き芋-さつまいもの選び方

自宅で美味しい焼き芋を作るには、さつまいも選びが肝心です。なめらかで蜜がたっぷりの甘い焼き芋を作るのにオススメな品種は、「安納芋」や「紅はるか」、「シルクスイート」です。
また、どの品種も、皮の色が均一でツヤがあり、傷や斑点が少ないものを選びましょう。糖度が高いさつまいもは、皮の表面に黒い蜜がついているのでチェックしてください。どの品種もスーパーで手軽に手に入るので試してくださいね!

自宅で簡単!ねっとり焼き芋を作ろう!

ねっとり焼き芋-自宅で作ろう

今回は定番のオーブンをはじめ、魚焼きグリルや蒸し器、炊飯器の4つの作り方でさつまいもを焼きます!自宅で焼き芋を作ると、調理家電や温度、焼き時間など様々です。しかし、どの作り方でも低温でじっくり時間をかけて焼くと、旨味を最大限に引き出した美味しい焼き芋が完成します!

焼き方によって、さつまいものねっとり感、香ばしさが違うのでお好みの作り方を探してくださいね!

オーブンを使った焼き芋の作り方

ねっとり焼き芋-オーブン

まずは、定番のオーブンで美味しい焼き芋を作ります。オーブンに入れてほったらかしでOK!という手間のかからない作り方で、本格的な仕上がりの焼き芋が完成します!部屋いっぱいに広がるさつまいもの甘い香りに、食欲がそそられますよ!

  1. さつまいもを丁寧に洗い、アルミホイルで全体を包む
  2. オーブンを160度に設定し、余熱なしで90分焼く
  3. 竹串がスーッと通れば完成!

仕上がり

オーブンで焼いたさつまいもは驚くほどねっとり、甘みと旨味がギュッとつまった焼き芋になります。低温でじっくり焼くことで、さつまいもが持つ甘さを最大限に引き出します。しっとりホクホクな焼き芋は絶品!繊維質をほとんど感じない、なめらかな舌触りはまるでスイートポテトのようです。

魚焼きグリルを使った焼き芋の作り方

ねっとり焼き芋-魚焼きグリル

次は、魚焼きグリルで旨味たっぷりな香ばしい焼き芋を作ります!さつまいもの焼き時間は、余熱時間を含めて約65分。オーブンに比べて短い時間でできるのが魅力です。

  1. さつまいもを丁寧に洗い、アルミホイルで全体を包む
  2. 弱火で30分、裏返して中火で20分焼く
  3. 火をとめた後、余熱で15分
  4. 竹串がスーッと通れば完成!

仕上がり

魚焼きグリルを使うと、香ばしい焼き芋になります。風味豊かでしっとりした焼き芋は、まるで石焼き芋のよう!最後に余熱で仕上げることで旨味が凝縮し、さらに美味しくなります。グリルの機種や、さつまいもの大きさによって焼き時間が異なるので、調整してくださいね。

蒸し器を使った焼き芋の作り方

ねっとり焼き芋-蒸し器

続いては、蒸し器を使って濃厚な味わいの焼き芋を作ります!蒸し器を使用する方法がもっとも短時間でできるので、時短レシピをお探しの方にオススメな作り方です。

  1. さつまいもを丁寧に洗う
  2. 蒸し器の鍋にたっぷりの湯を入れ沸騰させ、蒸し器をのせる
  3. 中火~強火で20分ほど蒸す
  4. 竹串がスーッと通れば完成!

仕上がり

蒸し器を使うことで、さつまいもが水っぽくならず、しっとり濃厚な焼き芋になります。じっくりと蒸して火を通すため、甘みが強い焼き芋を堪能できます。皮もしっとり柔らかくなるので、丸ごと食べても美味しいですよ!

炊飯器を使った焼き芋の作り方

ねっとり焼き芋-炊飯器

最後は炊飯器を使って、ねっとりモチモチな焼き芋を作ります。炊飯器をセットしてスタートボタンを押すだけ!あっという間に美味しい焼き芋の完成です!

  1. さつまいもを丁寧に洗い、皮付きのまま炊飯器の釜にいれる
  2. 水を1カップ入れ、玄米モードでスタート
  3. 竹串がスーッと通れば完成!

仕上がり

玄米モードに設定することで、水分をたっぷり含んだねっとりモチモチな焼き芋に仕上がります。蜜をたっぷり感じる、贅沢な焼き芋の完成です。玄米モードがなければ、通常の炊飯モードでも大丈夫です。炊飯モードの場合は、ねっとり具合は半減しますが、それでも売り物に負けないぐらいの美味しい焼き芋になります。

自宅で簡単に美味しい焼き芋を作ろう!

ねっとり焼き芋-美味しい焼き芋の作り方

4つの美味しい焼き芋の作り方レシピはどうでしたか?自宅で美味しい焼き芋を楽しむためには、さつまいも選びが重要です。「安納芋」や「紅はるか」、「シルクスイート」など、甘みが強くねっとりした食感が特徴の品種を選びましょう。皮の色が均一でツヤがあり、傷や斑点が少ないものが理想です。糖度が高いさつまいもは、皮の表面に黒い蜜がついているので見逃さないようにしてください。

今回、紹介した4つの調理法を駆使して、自宅で簡単に絶品の焼き芋を作れます。オーブンでは、低温でじっくりと時間をかけることで、ねっとりとした甘みと旨味が引き出されます。魚焼きグリルは短時間で香ばしい焼き芋が作れるため、忙しい日にも便利です。蒸し器を使えば、しっとりとした濃厚な焼き芋が楽しめます。そして、炊飯器を使う方法では、セットしてスタートボタンを押すだけでねっとりモチモチの焼き芋が完成します。

どの方法でも、さつまいもの本来の甘さを最大限に引き出せるので、自分の好みに合った調理法を見つけてください。自宅で作る焼き芋は、夕飯のおかずやおやつとして楽しむだけでなく、ダイエット食材としても優秀です。ぜひ試してみて、美味しい焼き芋の虜になってくださいね。