万能に使える!さつまいも餡とは?料理研究家が時短で作れる!美味しいさつまいも餡を教えます!剥いた皮は栄養価の塊!捨てずに細かく刻んでさつまいも餡に入れるのも良し

秋の足音が少しずつ

猛暑の続く日々ですが、気が付けば夕暮れ時には秋の虫の音が聞こえてくるようになりました。これだけ毎日のようにこの暑さを嘆きつつも、夏も終りと思うとどこか寂さを感じるものです。しかし、これからのシーズンこそがさつまいもの大本命の季節。そう思うとさつまいも好きとしては寂しさを感じている暇もありません。

既にスーパーやコンビニのお菓子コーナーにはいつの間にかさつまいもを使った季節限定の商品が並び始め、さつまいもシーズンの訪れを感じさせています。この様子を見てワクワクされている方も多いのではないでしょうか。

さて、秋にはお月見を始めに様々な季節の行事や祭事が待っています。日本の行事とはお決まりのように和菓子を共にする習慣があり、これも楽しみの一つです。いや、これこそが楽しみかもしれません。そんな和菓子と切っても切り離せない関係であるものがさつまいもです。

さつまいもを使ったお菓子と聞くと、スイートポテトやモンブランといった洋菓子を連想される方も多いかと思いますが、さつまいもは和菓子とも相性抜群です。その証拠は歴史が物語っています。全国の郷土菓子をみてみると、さつまいもを使った和菓子は本当に沢山あることが分かります。実際にお土産として買われたことがある方もいらっしゃることでしょう。その昔、米は貴重で砂糖なんてものは手に入らなかった時代はさつまいもの甘みは重宝するものでした。

蒸して、干して、茹でて、焼いてと作り方も様々なものがあり、昔の人々がいかにさつまいもを愛していたことかが伺えます。

毎年1日に終わりになってから「今日はお月見だったのか」「そういえば今日は何の祝日だったっけ?」と味気なく過ぎ去ってしまっていませんか?今年こそ手作りの和菓子で秋の行事を、そしてさつまいもの美味しさを楽しみましょう。ゆっくりと季節の醍醐味を、さつまいもの旬の美味しさを味わうことはきっと素敵なひと時となること間違いないでしょう。

覚えて欲しい 万能に使えるさつまいもあん

和菓子を手作りと聞くとなんとなく難しい印象を持たれがちです。手作りのお菓子となるとクッキーやケーキといった洋菓子の方が連想されやすいからでしょうか。しかし、実際は全くそんなことはございません。むしろ和菓子の方が材料もシンプルで簡単なこともあります。特別な道具など無かった時代でもさつまいものお菓子は全国の多くの人々が作っていたのです。それを考えれば、自分にでも出来そうですよね。とはいえど、難しいこと、面倒なことはしたくない!という方、そんな方こそ作っていただきたいものが「さつまいもあん」です。このさつまいもあんがあれば、色々な和菓子に使うことが出来ます。そして、作り方もとても簡単です。是非作ってみて下さい。

さつまいもあんの材料

  • さつまいも・・・中サイズ1本
  • 砂糖・・・30g
  • 牛乳・・・50ml

・砂糖の量はさつまいもの甘さやお好みで調節して下さい。さつまいもの重量の3割程度が目安となります。
・お好みでバターを少量加えると、より濃厚な仕上がりになります。

さつまいもあん作り方

1.さつまいもは表面全体にに竹串で穴を刺し、皮付きのまま濡らしたクッキングペーパーで包む。蒸し器に入れて強火で竹串がすーっと通るまで蒸す。(約30分)

2.熱いうちに皮を除き、ゴムベラで潰しながら砂糖を混ぜ合わせる。※この作業は熱いので火傷に注意して下さい。1で使ったクッキングペーパー越しに皮を除くと熱さを感じにくいです。

3.2を鍋に入れ、牛乳を少しずつ加えて馴染ませる。中火をつけ、混ぜながらお団子が成型出来る程度の固さになるまで加熱する。

どうでしょうか。とても簡単ですよね!一つだけアドバイスを伝えるとすれば、皮を除いた際は捨てずに食べましょう。さつまいもは皮に沢山栄養が詰まっているので、そのまま捨ててしまうのはとても勿体ないです。細かく刻んでさつまいも餡に入れるのも良いですよ。今回は和菓子を紹介しますが、洋菓子やパンにも使えます。

さらに簡単に作りたい方は焼き芋を使うのがオススメです。焼き芋なら蒸す手間も不要。皮も除きやすく、柔らかいので潰す作業もとても楽に出来ます。それなのに甘みもしっかりしているので砂糖の量を控えめにしても美味しく仕上がります。むしろ、砂糖がなくても十分なくらいです。

これからの時期はスーパーなどでも焼き芋が手に入りやすくなるので、手軽に挑戦出来るでしょう。