試してみて!さつまいもが甘くなる!話題の裏技を試してみた!誰でも簡単に出来る!必要なのはフライパンと塩水だけ。嘘のように甘い!焼き芋が塩水とフライパンで出来上がる

皆さんは、どのようなさつまいもライフを過ごしていますか?さつまいもの楽しみ方の王道と言えば、やはり「焼き芋」ですよね。さらに言えば、焼き芋の楽しみ方にも様々な方法があると思います。焼き芋にアイスクリームや調味料を加えてみたり、さつまいもの品種にこだわってみたり、調理法にこだわってみたり。今回は、焼き芋そのものの甘さを増す「裏技」をご紹介します。とてもお手軽な方法ですので、ぜひ皆さんも試してみてくださいね。

甘くなる!話題の裏技

材料と手順について

  • さつまいも1本 ※今回は比較用として2本用意しました
  • 水(500ml)
  • 塩(4g ※小さじ1杯でも可)

必要な材料はたったのこれだけです。用意したさつまいもは、なると金時です。なると金時を選んだ理由は、今回の裏技でさつまいもがどれだけ甘くなるのかを試したかったので、糖度が控えめなホクホク系の品種が良いのではないかと考えたからです。紅あずまでもよかったのですが、近所のスーパーに置いていなかったので、なると金時にしてみました。その日の気分や皆さんのお好みによって、お好きな品種で試すのも良いでしょう。ホクホク系ならば紅あずまやなると金時、しっとり系ならばシルクスイート、ねっとり系ならば紅はるかや安納芋が代表的な品種ですので、参考にしてみてください。また、さつまいもは、あまり大きくない(太くない)方が火が通りやすいので、おすすめです。

作り方の手順は大まかに分けると、以下の3つの工程です。

  1. さつまいもを塩水に漬ける
  2. さつまいもをアルミホイルで包む
  3. フライパンで焼く

塩水に漬けることで、さつまいもがどのぐらい甘くなるのか、気になる方も多いでしょう。私も気になりますので、さつまいもは塩水に漬けるものとそうでないものを2本用意しました。それでは、実践してみましょう。

工程1:さつまいもを塩水に漬ける

まずは、さつまいもを洗ってから、塩水に漬けましょう。色々調べてみたところによると、塩分濃度8%が望ましいようです。つまり、水500mlに対して塩4gですが、スケールが無い場合は小さじ一杯程度で構いません。塩水を作ったら、さつまいもが丸ごと入る大きさの容器に入れて、さつまいもを塩水に漬けましょう。手ごろな容器がない場合は、ビニール袋でも構いません。私は、プロテインシェイカーを利用しました。シェイカーは、水の分量が図りやすいのと、何より、シェイカーを振ることで塩水を作りやすいので便利です。さつまいも好きトレーニーの皆さんは、ぜひシェイカーを活用してみてくださいね。私はスーパーでさつまいもを購入した際に、たまたま持っていたシェイカーにさつまいもが入るかどうかを確認しました。塩水に漬ける時間は、理想は半日ほどですが、時間がない場合には1時間ほどでも効果が出るようです。

工程2:さつまいもをアルミホイルで包む

さつまいもを塩水から取り出し、水気を拭いたさつまいもをアルミホイルで包みましょう。塩水に漬けたものと、そうでないものを比べる際は、どちらが塩水漬けかを判別できるように、何かしらの目印を考えましょう。出来上がりが楽しみです。

工程3:さつまいもをフライパンで焼く

フライパンの底から1cmほどの高さまで水を入れて、さつまいもを並べましょう。中火で加熱し、沸騰したらフタをして弱火で約15分加熱します。15分ほど経ったらさつまいもをひっくり返し、またフタをして15分加熱します。じっくり加熱することが、さつまいもの甘さをさらに引き出すのです。

合計30分ほど経った後、竹串がスッと通ったら出来上がりです。竹串を刺してみて、まだ硬いと感じる場合には、さつまいもをひっくり返してさらに10分ほど加熱して、様子を見ましょう。加熱時間はさつまいもの大きさ(太さ)によって調節する必要があります。さつまいもは大きさで味が決まるわけではありませんので、あまり大きくない方が火が通りやすく、おすすめです。

香ばしさを加えたい場合は、アルミホイルから出したさつまいもを、クッキングシートを敷いたフライパンで焼いて、焼き目を付けると良いでしょう。この際、フライパンに水を入れる必要はありません。

塩水に漬けて焼いたさつまいもを食べてみた

出来上がった焼き芋はこちらです。お皿に並べてある画像の上側が、塩水に漬けて焼いたさつまいもです。外見に違いは見られません。カットした断面の画像は右側が塩水に漬けて焼いたさつまいもです。塩水に漬けた方が、色の濃い部分が多いように見えます。

それでは食べ比べてみましょう。確かに甘いです。塩をふったスイカのように、おそらく塩によって甘味が引き出されているのでしょう。2つを比べて、べらぼうに甘いというわけではありませんが、自然な甘さが強まっているという印象です。さらに塩水に漬けた方は、食感がなめらかになっているように感じました。甘さよりも、食感の方がその違いを顕著に感じられるかもしれませんよ。長時間塩水に漬けたことで、パサパサ感が減って、しっとり感が増したのでしょうか。

さつまいもをスーパーなどで購入する際、1袋に数本さつまいもが入っていることがほとんどだと思いますので、皆さんも塩水に漬けたさつまいもとそうでないもの、その違いを試してみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。塩水に漬けるだけで、甘さと食感が良くなる裏技、試してみたくなりませんか?時間があまりないときは、1時間でもかまわないので、調理前に塩水に漬けてみてください。今回は、塩水に漬けたさつまいもをフライパンで焼いてみましたが、スイートポテトや大学芋、サラダなど、他の料理に使用するのも良いでしょう。この裏技をあなたの知識に加えて、さつまいもライフをより楽しいものにしましょう。