芋焼酎のふるさと「鹿児島県」の人たちは、芋焼酎をどうやって飲んでいる?芋焼酎の飲み方で分かる!芋焼酎通か?そうでないか?色々分かっちゃいます!

芋焼酎のふるさと・鹿児島県

芋焼酎が盛んに作られていることでよく知られている鹿児島県は、桜島からの火山灰の影響で、お米を作るのには向かない土地でした。そこで、琉球から伝わってきたさつまいもを育てるようになり、造るお酒の原料もさつまいもを使うようになったことから、自然と芋焼酎が造られて、鹿児島の地に根付いていきました。今でも芋焼酎は、鹿児島県の重要な特産品のひとつとして、全国にその名を知られています。

鹿児島県の人たちは、芋焼酎をどんな飲み方で楽しんでいるの?

さて、鹿児島県を中心に造られる芋焼酎ですが、ご当地ではどのように楽しまれているのでしょうか。飲み方自体は全国どこでもそれほど変わりはありませんが、ちょっとしたコツを覚えるだけで、地元の人達のようにおいしく芋焼酎を楽しむことが出来ます。ここではその飲み方をご紹介します。

ストレート

芋焼酎が持つさつまいも由来の香りや味わい、瓶詰めして出荷されるまでに経てくる、芋焼酎造りのさまざまな条件が生み出す風味など、その芋焼酎本来の香りと味わいをしっかりと楽しめる飲み方です。芋焼酎はアルコール分が高いお酒なので、チェイサーとしてお水を別に用意することも忘れないようにしましょう。薩摩切子などのショットグラスで飲むと雰囲気も高まっていいかも知れませんね。

ロック

東京などの都市部では、比較的ポピュラーな焼酎の飲み方として知られているのがロックかもしれません。氷を入れて飲むだけのシンプルな飲み方ですが、芋焼酎に氷が溶けていくにつれて、さつまいも由来の香りや甘みが感じられ、味わいも変化していくのが楽しい飲み方です。焼酎用に作られたロックグラスなども販売されているので、グラス選びも楽しいと言えるでしょう。

水割り

ウイスキーなどで馴染みのある飲み方ですが、鹿児島では芋焼酎も水割りで味わう人も少なくないといいます。水割りの良いところは、何より自分の好みの濃さで芋焼酎を楽しめることでしょう。氷水を使って芋焼酎を割ることで口当たりがやわらかくなり、さつまいもの持つ甘みや香りを強く感じることが出来ます。よく冷やしたグラスでいただくと一層おいしく感じますよ。

お湯割り

おそらく、芋焼酎の楽しみ方で一番ポピュラーで、鹿児島県の人が最も好む飲み方がお湯割りではないでしょうか。お湯から出る湯気とともに、さつまいもの香ばしい匂いや、やわらかな香りが楽しめるだけでなく、さつまいも由来の甘みや風味が特に引き立つ飲み方だと言えるからです。割り方にもご当地ルールがきちんとあり、それに倣って飲むのがおすすめです。まず、お湯割り用のグラスや陶器のカップなどにお湯を入れ、芋焼酎を注ぐのはあとから。こうすることで香りが引き立ち、風味が増します。お湯と芋焼酎の割合は6対4か7対3が良いとされ、少し濃い目でいただくのがおいしい飲み方です。薩摩焼のそば猪口などを用意して、お湯割りにして楽しむのもいいかも知れませんね。

前割り

前割りは、もともとは黒ぢょかを使って芋焼酎を燗酒にして楽しむときに、用いられる飲み方でした。それが現在では、水割りの1種のような感覚で芋焼酎を味わう方法の1つとなっています。前もって芋焼酎と水を割ったものを瓶に入れ、冷蔵庫で寝かせてからグラスにそのまま注いで飲みますが、黒ぢょかや徳利に入れて燗酒にしてもおいしく楽しむことが出来ます。前割りの魅力は、アルコール分を抑えられることもありますが、水を加えることで口当たりがまろやかになり、さつまいものやさしい甘みや穏やかな香りを感じることが出来ることでしょう。前割りにするときの割合は、芋焼酎と水を5対5で瓶などに入れます。できれば3日以上冷蔵庫で寝かせたほうがよく、5日以上経つと口当たりはさらに丸く、バランスも整った味わいを体感できます。毎日少しずつ飲んで、日々の変化を確認するのも面白いですよ。

炭酸割り

麦焼酎などではおなじみの飲み方である炭酸割りですが、芋焼酎を炭酸水で割って飲むようになったのは、意外かもしれませんが比較的最近のことです。夏の暑い季節に、これも最近流行りの華やかでフルーティなタイプの、新しいさつまいも品種を使った芋焼酎を炭酸割りにすると、さわやかな味わいに気分もリフレッシュします。割り方はとてもシンプル。グラスに氷と芋焼酎を入れ、炭酸水を加えてマドラーで軽く混ぜるだけです。水割りと同様に自分で好みの濃さにして味わうことが出来るので、あまり量を飲めない人にはうってつけかもしれませんね。

好みの芋焼酎を好みの飲み方で!

さまざまな品種のさつまいもを使って造られる、バラエティ豊かな芋焼酎。どんなふうに飲むかはその人の好みによるところが大きいかも知れませんが、この芋焼酎にはこの飲み方が合う!といったことを探っていくと、思いもかけない組み合わせに出会うこともあるかも知れません。ぜひ好みの飲み方を見つけて、さつまいもの風味がつまった芋焼酎をもっと日常に取り入れてみてくださいね。